2013年度

2013年度 発見工房クリエイト夏休み理科実験教室の様子

場所:はるひ野小中学校 地域交流センター

7月27日(土)
振り子のひみつを探ろう

振り子が揺れる速さと、振れ続ける時間は何に関係しているのか?思い思いの振り子を作って参加者で比較して調べました。後半は同じ紐の長さ、同じ錘の重さの振り子を一本の棒につなげて共振を観察しました。

8月3日(土)
身近な石について知ってみよう

最初は先生から石についての講義を受けました。その後は家の近くの公園から持ってきた石や、旅行先から持ち帰った石を持ってきてもらって観察大会。石の表面の様子や形を詳しく観察して記録したらハンマーをつかって石を割ってその中を観察しました。

8月24日(土)
テレビ石と身近な何かの共通点

アメリカのボロンという土地から採取された天然のテレビ石(ウレックス石、ウレキサイト)を磨き上げて観察しました。正面からみると反対側が見えるのに横から見ると何も見えないという不思議な石は、身近に存在するある物と同じ性質を持っているということを学びました。また石にはどんな種類があるのかということも学びました。

8月31日(土)
カードゲームで探険、理科の世界

最初は元素のことを勉強して、その後カードゲームを使って遊びながらいろいろな元素のことを学びました。大きな周期表をつくったり、カードゲームで元素を覚えたり。最後はミニ大会もやりました。

2013年度 発見工房クリエイト理科実験教室の様子

場所:はるひ野小中学校 地域交流センター

11月9日(土)
プラネタリウム体験教室

小さくても迫力のあるプラネタリウムではるひ野の夜空を観察しました。プラネタリウムで夜空を見た後は、大きな画用紙を太陽系の惑星に見立てた工作。太陽系の星の大きさと太陽からの距離を実感しました。

12月8日(日)
カメラを作って写真をとろう

カメラの仕組みを教わってから、フィルムの代わりにコピーアートペーパーを使ったカメラを実際につくってみました。外に出て待つこと15分。見事に写真撮影に成功です!

1月25日(土)
夢はでっかく、未来の発明家を目指して ~自然エネルギーを利用したミニミニ発電機を作ってみよう!~

自然の力はどうやったら電気に変えることができるのか?風の力をつかって調べてみました。ペットボトルで風車をつくって、モータとLEDにつなげたミニ発電機を作成。また、電池と磁石をつかって簡単なモーターも付くりました。

【実験動画はこちら↓】

2月22日(土)
リニアモーターカーを走らせよう!~電気と磁石のくみあわせ~

磁石と電気を組み合わせることで、物体を動かす力がうまれることを学びました。

【実験動画はこちら↓】

3月22日(土)
スライムとそのひみつ ~水でもない、氷でもないフシギな物体~

ホウ砂水溶液とPVA洗濯のりを使ってスライムをつくりました。また、ホウ砂と洗濯のりでどうしてスライムができるのかも学びました。砂鉄を入れたスライムもつくって不思議な動きも観察しました。

【実験動画はこちら↓】


pagetop

特定非営利活動法人 発見工房クリエイト
Copyright (C) Hakken Kobo Create. All rights reserved.