ホーム > 行事予定

理科実験教室

2016年度 発見工房クリエイト理科実験教室

2016年度の理科実験教室はすべて終了いたしました。
2017年度上期は、6/24(土)、7/29(土)、8/5(土)、8/26(土)、9/30(土)に開催する予定です。詳細は決まり次第掲載いたします。

対象:
小学生以上(小学3年生以下保護者同伴必須)
場所:
はるひ野小中学校 地域交流センター(7月18日のみ、稲城市立iプラザ)

6月25日(土)
第1回『飛ぶ種の模型を作ろう、種が旅するかたちを考えよう』

動けない植物はどうやって広がるの?を知る実験教室でした。先生のこだわり、本物そっくりのタネの模型をつくって、その秘密や自然のすごさを実感しました。

【実験動画はこちら↓】

7月18日(祝)
第2回『いろいろな振り子を作ろう 〜振り子がつくる多様な現象を観察しよう〜』

小学校で学ぶ振り子の等時性。それをみんなで確認したあと、その特性を利用した不思議な現象を観察しました。

7月30日(土)
第3回『電気をワイヤレスで送りLEDを点灯させよう!

電池や電源につながっていないLEDを光らせることに成功しました。この技術がどんなところにつかわれているのかも、先生から話をしてもらいました。

【実験動画はこちら↓】

8月6日(土)
第4回『きれい!ふしぎ?マリンスノードーム!』

予想外の応募数に定員を増やして実施しました。海に降る雪マリンスノー。その秘密と歴史を学び、それを模した先生オリジナルのスノードームを作成。

【実験動画はこちら↓】

8月20日(土)
第5回『水じゃない、氷じゃない、スライムだ!』

定番のスライム実験です。今年も磁石やスーパーボール、そしてスライムの正体に迫りました。普通のスライムにも一工夫のおまけ付です。

【実験動画はこちら↓】

9月24日(土)
第6回『自分の手で作った立体のパズルで遊ぼう』

スタートは同じなのに、形が変わるパズルや、見える場所が変わるパズル。ひらべったい形から、ボールみたいになったりさいころみたいな形になるパズル。とても不思議なパズルをつくりました。

【実験動画はこちら↓】

10月29日(土)
第7回『白い色ってどんな色?1つのLEDで見る、光の三原色』

様々な色の光をつくれるLEDをつかって三原色の勉強。空の色の仕組みや、白い光の秘密も学びました。

【実験動画はこちら↓】

11月12日(土)
第8回『とっても簡単、DNAの取り出し方』

毎年実施しているDNAの抽出です。今年はブロッコリーにくわえて自分のほっぺたからDNAを取り出しました。

【実験動画はこちら↓】

12月4日(土)
第9回『プラネタリウムで太陽系を旅しよう』

プラネタリウムで太陽系の星間飛行を体験したあと、太陽系モデル工作をして、惑星の大きさと遠さを実感しました。

1月28日(土)
第10回『アニメーションを作ろう』

先生が用意した装置で様々なアニメーションをみてその仕組みを学んだ後、実際にゾートロープをつくりました。自分で1コマずつ描いた絵がなめらかに動く様子を観察しました。

【実験動画はこちら↓】

2月25日(土)
第11回『振動モーターカーを作ろう』

ぐるぐる回るモーターをブルブルふるえるモーターに改造!ブルブルふるえているだけなのに車は前に進むという現象を観察。最後はコースにそって走らせました。

【実験動画はこちら↓】

3月25日(土)
第12回『人工イクラをカラフルに作ろう』

ぷちぷちのイクラを自分たちで作りました。とても長いイクラやとても大きいイクラ、子どもたちの探究心はとどまるところをしりません。

【実験動画はこちら↓】


過去に開催された理科実験教室の様子

これまでに開催された理科実験教室の様子を動画と写真で紹介しています。 詳しくは [活動の様子] をご覧ください。

▲ページの先頭に戻る

【中学生向け】クリエイト科学教室

発見工房クリエイトの新実験教室です。考えることや試行錯誤に重点をおいた実験教室です。また、体験を主とするテーマでもおもしろ科学実験教室より高度な内容を実施する予定です。年間の実施回数は4回(2016年度3回予定)と少ないですが、その分ぐっと詰まった内容にしていきます。主に中学生を対象としていますが、意欲的な小学6年生も大歓迎です!
同時に、当実験教室参加者を支援する実験会員も募集を開始しました。実験教室で学んだことをもう少し知りたくなった時や、実験教室に参加できなかった時のフォローなど、自然と科学への興味を後押しします!詳細は [お知らせ - 実験会員募集] をご覧ください。

対象:
中学生および小学6年生
定員:
10名(先着順)
場所:
クリエイト科学館
参加費:
600円(保険料および材料費)
持ち物:
筆記用具

2016年度の科学教室はすべて終了いたしました。
2017年度上期は7〜8月に開催する予定です。詳細は決まり次第掲載いたします。

開催日時

内容

8月28日(日)
13:30〜15:30

終了しました

第1回『電気の力、磁石の力。走らせろクリップモーターカー』

講師:
松本悠(東京大学講師)

高校生の科学の祭典でも採用されるテーマ、クリップモーターカーをつかい、一つのテーマで満足できる結果を出すために試行錯誤を繰り返しました。まっすぐ走らせる、速く走らせる、力強く走らせる。思わずのめり込んでしまい気がついたら時間が大幅に過ぎていました。

12月17日(土)
10:00〜12:00

開催中止

第2回『動き出したら止まらない?慣性の力、フライホイールカー』

講師:
松本悠(東京大学講師)

フライホイールカー、日本では弾み車(はずみぐるま)と呼ばれるおもちゃがあります。これといった動力源を持たないのに、一度動き出すと、長い距離を移動するおもちゃです。
今回はこのフライホイールカーを作ってまず動かしてから、フライホイールカーに手を加えて、より長い距離を動かすにはどうすればいいかということを考えながら、元の状態を維持しようとする力「慣性」について観察してみましょう。

3月26日(日)
14:00〜16:00

終了しました

第3回『ぶつけて跳ばせ、すっ飛びボール』

講師:
川口たかし(NPO法人発見工房クリエイト)

スーパーボールを一つ落としたときよりも上の球が2倍以上高く跳ね上がるすっとびボール。その現象にはどんな自然法則があるのか、実験をして探りました。

▲ページの先頭に戻る

科学館一般公開

  • 日時:2017年8月(予定)  ※詳細は決まり次第掲載いたします。
  • 入館料:大人1,000円、高校生以下600円
  • 内容
    ・クリエイト科学館の展示装置および科学遊具の体験・解説他

▲ページの先頭に戻る